日. 7月 21st, 2024

現地時間7/15日18:30、ロサンゼルス・レイカーズに所属し、NBA界のキングと称されるレブロン・ジェームズが背番号を2023‐2024シーズンから6から23に戻すということを報告した。

レブロン・ジェームズは彼のキャリアの初めから23を背に背負っていました。これはおそらくマイケル・ジョーダンによるものでしょう。しかしながら彼は6をつけていたことが何年かあります。

レブロン・ジェームズのNBAバスケットボールキャリアは4期に分けられます。彼の第1章である初期
クリーブランド・キャバリアーズでは23番を着用していました。

キャリア序盤のレブロン・ジェームズ



しかしながら第2章であるマイアミ・ヒート時代は6番を着用していました。これはマイアミ・ヒートがマイケル・ジョーダンに敬意を表し、23番を永久欠番としていたためである。6番にしていたのはビル・ラッセルに敬意を示していたからだと言われています。

マイアミ・ヒート時代のレブロン



そんな彼は2014年、クリーブランド・キャバリアーズに戻ります。その時はもちろん背番号23を着用していました。

後期クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズ


2016年に劇的な優勝を果たすのですが、2018年ロサンゼルス・レイカーズに彼は移籍します。
この時も勿論、彼は23番を着用していました。

レイカーズ初期のレブロン・ジェームズ


彼が23番を着たのは2018年から2021年まででした。理由は↑の画像の隣にいるアンソニー・デイビスに23番を譲るためでした。なので2021‐2022シーズンからはマイアミ・ヒート時代から着用していた6番を背番号として、プレイしました。

レイカーズ背番号6のレブロン・ジェームズ


2021‐2022シーズンは背番号6でプレイをすることに何の問題もありませんでしたが、2022‐2023シーズンが始まろうとしているときに問題が生じました。それはビル・ラッセルが亡くなった影響によるものです。

ビル・ラッセル


ビル・ラッセルは11回のNBA優勝を果たしているレジェンドであり、なにより人種問題の解決に働いたことからNBA選手及び、あらゆる方面からリスペクトされています。

ビル・ラッセルの逝去を知ったNBAは彼の背番号6をNBA全体で永久欠番にすることを発表、レブロン・ジェームズの背番号はどうなるんだという問題が生じ始めました。しかしながら彼の逝去はシーズンが始まろうとしていた時なこともあり、突然な変更はできないということでレブロンは引き続き6を着用することとなりました。


そんなわけで今オフにビル・ラッセルへの敬意も込めて、彼が次のシーズンから背番号を23に戻すということになったわけです。


彼の23番は個人的に何かやってくれそうという期待が6番よりも大きいので来シーズンからのLAKERSはファンとしてとても楽しみです。

オフもうまくいったし


にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA