日. 7月 21st, 2024

7/2にデイミアン・リラードは自身のチームであるポートランドトレイルブレイザーズにトレード要求をしました。

今日はその日から2週間経とうとしている7/15ですが、今だにトレードは成立していません。

今回は噂されているトレード案について書いてみようと思います。

デイムのトレードが噂されているチームは主に3つ、マイアミヒート、フィラデルフィア76ers、ボストンセルティックスです。


ボストン・セルティックス

ボストンセルティックスは先日のトレードでマーカス・スマートを放出しました。その影響でポイントガードはデリック・ホワイトマルコム・ブログドンにおそらく次のシーズンはデリック・ホワイトをスタメンとして起用するのでしょうが、新たなポイントガードを獲得する噂は絶えません。

そこで浮上したのがデイムの獲得です。

噂されているトレード案は次です。

正直な話このトレードは双方失敗な予感するし、ボストンの敏腕GMはこのようなことはしないと思うので、実現しないと私は思います。
ただ噂ではチームのエースであるテイタムが欲しいと言っているらしいので何とも言えませんね。

次に噂されているのが76ersです。

フィラデルフィア・76ers

76ersもジェームズ・ハーデンがトレード要求をしたことでリラードとのトレードの噂がされております。

76erとのトレード案は三つ出ています。
それが次の3つです。
一つ目のトレード案



二つ目のトレード案



三つ目は3チーム間トレード案


ハーデンがトレード要求をしている以上トレードが起きる可能性は否定できません。
起きるとするならばおそらく3つ目だろうと思っています。
もし起きた時のCLIPPERSは楽しみですね。

リラードが行きたがっているマイアミ・ヒートです。

マイアミ・ヒート

トレード要求が出た時からリラードはマイアミに行きたがっているという噂があり、おそらくヒートとのトレードが決まるだろうと言われています。

そのトレード案が次になります。

実際このトレード案はブレイザーズはこのオファーをヒートから先日受けたようですが、可決しませんでした。
その理由としては3つではなく、4つの1st round pickが欲しいということらしいです。



まとめ

実際にデイムがヒートへのトレード要求をした以上、最近のNBAのトレード通り彼が望んだチームに贈られるでしょう。しかしながら先日のドラフトで獲得したスクート・ヘンダーソンはじめ、ブレイザーズには期待できるガードがたくさんいます。なのでヒーローを獲得するのは最善策とは言えないと思います。まぁでもブレイザーズがどのような選択をするのかは楽しみですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA